20代の仕事探しサポートガイド【転職・就職活動応援サイト】

*

“20代”は武器になりますが、転職・就職活動期間は経歴次第

   

転職者なら早めに働き先が見つかるでしょう

 転職を目指している人、あるいは就職を目指している人、この人たちが実際に働き先を見つけるまでにかかる期間はどれほどなのでしょう。20代のこれらの人たちの活動期間について考えてみたいと思います。

 転職を希望している20代の場合、きっとそんなに時間はかからないはずです。2か月とか、かかっても3か月や4か月とか、その程度でしょう。なぜなら、何かしらの経験があるからです。これまでやってきた仕事が活かせるような職業へ転職しようと活動する場合には1〜2か月での転職も難しくはありません。

 全く異なる職種への転職となると活動期間も少し延びてしまうかもしれませんが、それでも社会人経験を持つ20代であるという事実は活動期間短縮に貢献してくれるでしょう。

初就職ならば時間がかかるかもしれません

 転職ではなく就職となれば、少し話が変わってきます。当然、就職活動にかかる期間も変わってくるでしょう。

 20代は確かに若いかもしれませんが、社会人経験がないというのはかなり大きなネック。だったら若ければ若い方がいいと判断されてしまうので、20代前半なら数か月で就職することができるかもしれませんが、もしもうすぐ30代になるという人であれば、半年近くはかかってしまうかもしれません。

 就職前の経歴によっても変わってくるでしょう。アルバイト経験の有無や学校で何を学んだのかによっても活動期間は変わるもの。自分なりの武器を見つけアピールできれば、初就職であっても3か月前後で働き先を見つけられるかもしれません。

何れにしても武器になる“20代”

 どのような状況であっても、確かに20代というのは武器になります。ただ、年齢も使いようです。

 20代は“若い”という捉えられ方をする時もあれば、“幼い”と捉えられてしまうこともある、とても微妙な年代。“若い”という言葉にも良し悪しがあるでしょう。それらを決めるのはやはり経歴。自分の経歴を見直し、それを上手く活用することができれば、その分活動期間を縮めることができるのではないでしょうか。

【関連記事】
20代が転職に備えるための自己分析
20代の市場価値は転職においてどんなものなのか
在職中に転職を考えるのなら気をつける
“転職活動は在職中にすべき”は本当か?その答えをここで出しておきましょう

 - 就活前の心得

  関連記事

af9920042604l[1]
自己分析をしよう

自己分析をする  職種や雇用形態を問わなければ、求人情報は無数にあります。ただ、 …

20代が転職に備えるための自己分析

将来のことを考えた自己分析  20代は仕事の経験についてまだまだ少ない方です。そ …

20代の市場価値は転職においてどんなものなのか

非常に価値が高い20代  転職における市場価値として20代はかなり高いです。とい …

gf1420128815w[1]
将来設計を作ろう!

将来設計を作る  将来設計、将来の目標などを持っている人は、自然とその目標に向か …

在職中に転職を考えるのなら気をつける

危険な在職中の転職活動  基本的に転職は仕事をしながらすることになります。20代 …

no image
雇用形態を決めよう!

雇用形態について知る    仕事を探すにあたって、まずは働く上での雇用形態を知ら …

“転職活動は在職中にすべき”は本当か?その答えをここで出しておきましょう

収入と安心の確保が最大のメリット  最初に伝えておきたいことは、“転職活動は在職 …