20代の仕事探しサポートガイド【転職・就職活動応援サイト】

*

20代の求職者に企業が優先的に求めていることは?

   

20代の求職者に企業が優先的に求めていることは?

 10代後半の高卒者、20代前半の大卒者・専門卒者・フリーターなどの若年層、30代以上の中年・高年者とさまざまな人たちをその状況下において企業は雇用したいと随所で求人募集されています。そのため、どんなに不景気な時代だとしても、就職のチャンスが0ということは決してありません。いつの時代も就職の可能性は必ず存在しています。

 ただ、各年代に企業が求めていることは異なり、20代には20代ならではのことを優先的に求めて求人募集されています。では、その20代の求職者に企業が最も求めていることとはどんなことでしょうか?主なポイントをここに挙げておきます。

★ココがポイント
・誰にも負けないやる気とパワー(元気)
・どんなに苦しくてもへこたれないメンタルと明るい笑顔
・志望職種に向って積極的に動ける行動力

 何よりも20代に求めることは、仕事に対する積極的な行動と、どんなことにも負けない現気強さ・明るさです。採用担当者はあなたの面接での受け答えに注目し、あらゆる角度で採用して大丈夫かどうか検討しています。

 当然、覇気が感じられないような元気のない受け答えをしていたら、それがどんなに緊張のために起こってしまったことであっても、一発で不採用となってしまいかねません。20代の若手に対して、採用担当者は、多少失敗しても構わないから、元気良く堂々と受け答えしてほしいと考えています。スキルやキャリアが無いのは当たり前ですし、多少仕事ができていなくても、企業としては問題視することはありません。それよりも問題なのは、覇気がなくやる気があるかないのかわからないことなのです。

 将来ある若い社員が、元気無いとなると企業にとってもマイナスになってしまい仕事にも支障をきたします。逆に多少失敗しても元気いっぱいで明るく仕事をしてくれれば、ムードメーカーとなって職場を明るくし、仕事に対するモチベーションも全体的に引き上げられ、企業にとって大きく貢献することに繋がります。

 企業としてもそのような将来性のある人を雇用したいのです。確かに面接で緊張するのはよく分ります。誰だって、人生を大きく左右させる様な就職試験での面接で緊張するなというのは無理な話です。

 しかし、20代が受ける面接では、たとえ緊張していても明るく元気よく受け答えしなければ、心象はどうしても悪くなってしまいます。まずは多少受け答えで失敗しても構いませんので、しっかり元気よく面接で受け答えするようにしましょうね。

 - 面接対策

  関連記事

面接前の身だしなみに気を使う

スーツの状態について  面接では基本的にスーツで行くことになります。20代の場合 …

20代の転職で面接をする時にしてはいけないこととは

名前は名乗ること  20代で面接となれば当然のことながら緊張するのは無理もない話 …

転職の面接ではどんな質問が出てくるか

意見を求める質問  20代だとまだ社会人としての経験は浅い方ではあります。しかし …

gf1420278082l[1]
面接で質問すべきこととは?

面接で質問しないのは致命的なミス!!  これからの長い人生を大きく左右しかねない …

xf0635088690l[1]
面接でNGな言動とは?

ありきたりな言葉は面接ではNG  面接は就職活動者にとって一番の鬼門であり、何よ …