20代の仕事探しサポートガイド【転職・就職活動応援サイト】

*

面接で質問すべきこととは?

   

面接で質問しないのは致命的なミス!!

 これからの長い人生を大きく左右しかねないほど重要な就職面接で、最後によく採用担当者に、『最後に質問はありませんか?』と逆質問されたことはありませんか?

 面接対策がバッチリで、予め質問することを考えている方は、特に困ることも無いと思いますが、ただですら緊張している面接で、このような逆質問をされたら、頭が真っ白になってしまい、何を質問したらいいのか分からなくなってしまいます。

 私も経験がありますが、何も考えず就職試験を受けてしまった時は、何を質問すべきか全く考えられず、頭が真っ白になってしまい、『特に何もありません』と答えてしまったものです。

 しかし、この『特に何もありません』という答え方は、面接において致命的なミスになることをあなたはご存じですか?

 実は、『質問はありませんか?』と親切に名がかけていると思うようなこの逆質問も、採用担当者からしてみれば、あなたのやる気がどれ位なのか試すために投げかけた最後の試練なのです。大抵、本気で入社を考えているのならば、企業に対する質問の一つや二つはあって当たり前と企業も考えていますので、逆に質問が無ければ、会社に興味が無いとみなし、当然不採用となってしまいます。

 一歩間違えると、この質問の答だけで、今まで築き上げてきた心象を大きく傷つけてしまい、致命傷となってしまう恐れがありますので、まずは何か質問することを考えておきましょうね。

理想的な面接での質問事項は?

 先ほど面接で採用担当者に質問をしないのは致命的なミスであるとお話しましたが、では、実際に採用担当者に質問し好印象を与えるにはどのような質問を投げかければ良いのでしょうか?その質問例をいくつか挙げていきます。

 ★ココがポイント
 ・入社前に、予め勉強しておいたほうが良いことは何かございますか?
 ・入社後、社員がこれだけは気をつけていることは何ですか?
 ・御社で〇〇という業務に就いて貢献していきたいと思うのですが実現は可能でしょうか?

 まだ他にも考えられる質問はありますが、きりがないのでこれくらいにしておきます。

 いずれにしても待遇や条件のことをしつこく質問するのは、あくまでステップアップや待遇だけを求めて入社(悪く言えば踏み台)しようとしていると変な印象を与えてしまい、これまで築き上げた心象を一気に悪化させてしまいかねません。

 あくまでさり気なくやる気をアピールするような質問が理想的で、採用担当者もやる気があると受け取ってくれますので、事前に企業研究をしっかり行い、さり気なく自己アピールにつながるようなスマートな質問を予め準備しておきましょうね。

 - 面接対策

  関連記事

転職の面接ではどんな質問が出てくるか

意見を求める質問  20代だとまだ社会人としての経験は浅い方ではあります。しかし …

xf0635014972l[1]
20代の求職者に企業が優先的に求めていることは?

20代の求職者に企業が優先的に求めていることは?  10代後半の高卒者、20代前 …

面接前の身だしなみに気を使う

スーツの状態について  面接では基本的にスーツで行くことになります。20代の場合 …

xf0635088690l[1]
面接でNGな言動とは?

ありきたりな言葉は面接ではNG  面接は就職活動者にとって一番の鬼門であり、何よ …

20代の転職で面接をする時にしてはいけないこととは

名前は名乗ること  20代で面接となれば当然のことながら緊張するのは無理もない話 …