20代の仕事探しサポートガイド【転職・就職活動応援サイト】

*

将来設計を作ろう!

   

将来設計を作る

 将来設計、将来の目標などを持っている人は、自然とその目標に向かって働いていると思います。しかし、この目標のない人はどういった仕事をすれば良いのか、どの企業で働くのが良いのかが不明です。もちろんお金を稼ぐために給料の良い会社、休みが多く欲しい、働く時間などによって変わってきますが、その前に将来何をしたいのかで根本的に応募先企業が変わってきます。

 例えば将来洋服屋を経営したい場合には、アパレルショップで働いたり、経営にあたっての経理の仕事をしてみたりと、やることが色々と出てきます。また、この将来の目標ややりたいことなどがある場合には、その達成までの期間を設けることがとても大事です。ただ将来やりたいからといって仕事をするよりも、期間を決めてやるほうがより効果的となります。

 いつまでにと決まっていることで、どの仕事をどれだけするのかが明確になり、より就職活動もスムーズに進めることができるのです。ただ、目標や夢などがない人にすぐに作れというのが無理がありますので、そういった場合には漠然とした目標でも構いません。将来いくら以上稼ぎたい、貯金をいくら作りたい、何か手に職をつけておきたいなど、何でも良いです。

 年収をある程度稼ぎたいのであれば、努力や成果が賃金に反映されるような会社を選ぶのが良いでしょうし、手に職をつけたいのであれば、専門性の高い職業に就くのがよいでしょう。特に20代での就職活動では、未経験でも採用してくれる会社が多いですので、チャンスとなります。

 ただ、何も考えずに就職してはいけないのかというと、一概にそれが悪いとは言えません。何もやりたいことが思いつかないからといって働かないよりは、断然働いた方が良いです。なんとなく始めた仕事でも、やりがいや楽しさを感じることもありますし、働いている途中で別のやりたいことができたから、そこから違う職種に転職しても良いのです。むしろ何もやりたいことがないからといって働かないと、何も起こりません。

 20代ではまだまだ社会人としては半人前となるので、色々と経験することで色々なことが見えてきて、自然と将来について考えることが多くなるでしょう。仕事探しをはじめるまえに、まずは今一度自分の将来について考えてみることが大切となります。

 - 就活前の心得

  関連記事

“転職活動は在職中にすべき”は本当か?その答えをここで出しておきましょう

収入と安心の確保が最大のメリット  最初に伝えておきたいことは、“転職活動は在職 …

20代の市場価値は転職においてどんなものなのか

非常に価値が高い20代  転職における市場価値として20代はかなり高いです。とい …

no image
雇用形態を決めよう!

雇用形態について知る    仕事を探すにあたって、まずは働く上での雇用形態を知ら …

af9920042604l[1]
自己分析をしよう

自己分析をする  職種や雇用形態を問わなければ、求人情報は無数にあります。ただ、 …

“20代”は武器になりますが、転職・就職活動期間は経歴次第

転職者なら早めに働き先が見つかるでしょう  転職を目指している人、あるいは就職を …

20代が転職に備えるための自己分析

将来のことを考えた自己分析  20代は仕事の経験についてまだまだ少ない方です。そ …

在職中に転職を考えるのなら気をつける

危険な在職中の転職活動  基本的に転職は仕事をしながらすることになります。20代 …