20代の仕事探しサポートガイド【転職・就職活動応援サイト】

*

リクナビNEXT
nextsam
詳細
★★★★★
リクナビNEXTにしか載っていない求人がたくさんあります。

1.転職を始める前に考えること

20代で転職を考える人の多くは、就職氷河期を経験したために新卒時に果たせなかった業界や業種へのリベンジ転職が多いのではないでしょうか。そこで、仕事探しを始める場合には、できる限り転職活動を有利に進められるように自分をアピールする必要があります。そこで、企業が新卒ではなく、何故20代を募集するのかということを考えることが必要となります。また、その前に自分の中でもしっかりと自己分析をして、自分の仕事に対する思いや適性、転職する理由など人生全般を長期的なスパンで考えてみます。

2.20代の強み

採用企業が20代に対する想定していることは、すでに社会人としての経験が数年あり、仕事というもの、社会というものがそう甘いものではないということが理解できていると考えています。そのため、応募書類作成や面接での受け答えなどでは、基本的な社会人としてのマナーと意識がすでにできているため、一から教える必要がなく新人研修をする費用を節約できると考えています。さらに、学校卒業からそれほど年数的にたっていないということもあり、学校で学んできたことを活かせる、あるいは新しいことに対する柔軟性などがあると考えていますから、ポテンシャル採用をしても少し指導すれば、すぐに職場に馴染み、やがて即戦力に育てやすい年齢とも考えています。そのため、これまでと異なる未経験分野でも採用をするということです。

3.自分分析してから行動する

社会的には、20代の転職が有利であると理解できたら、自分のやりたいと思う仕事がある人は、希望に向かい業界や職種を絞って仕事探しを行います。しかし、そこが一つに絞りきれない場合には、ネットやハローワークなどの適性診断を受けて複数の候補を探すことから始めます。また、転職エージェントなどのキャリアコンサルタントに相談して、客観的な意見を聞いてみることも良いでしょう。とにかく、積極的に行動してみることで、自分の本音や方向性が見えてきますから、決して自分一人だけで判断せずに社会人経験が豊富な人の意見も参考にしてから、長期的なスパンで転職する方向性を探すことが失敗しない仕事探しにつながると言えます。

4.終わり

20代の転職は第二新卒枠を利用して転職できるため、転職市場では、比較的転職には有利な立場となることが多いようです。実際、転職サイトや転職エージェントでは、第二新卒特集が組まれるほど、応募できる求人数が多数存在しています。特に、採用コストが節約できることから、中小企業などはむしろ第二新卒を採用したいと考えているようです。20代の転職では、人生の中の一度のチャンスと理解して、最大限に自分の可能性を意識した転職が可能と言えるでしょう。

公開日:
最終更新日:2015/04/14